【初心者必見】メルストを始めよう!

ゲーム

育成方法を知ろう!

メルストの育成要素は以下の4つです!

  • ユニット
  • ルーン
  • シード
  • ギルド施設

また、育成アイテムは
以下の4つがメインです!

  • ゴルド
  • 覚醒の書
  • 進化素材
  • ギルド資材

そして、それぞれのアイテムが
以下の表のように対応しています。

 

複数の育成アイテムがあり、

  • なにを育成するか?
  • どれだけ育っているか?

によって必要なアイテムが変化

 

入手方法も少し複雑です。

1つずつ理解していきましょう!

ユニットの育成

ユニットの育成はLv Up覚醒進化の3通り。

それぞれの3つの概要と、育成の進め方の
4項目で詳しく解説します!
(スキル進化は上級者向けかつ効果は大きくないので、
本記事では省略します。)

ユニットのLv

ゴルドを使用することで、Lv上限まで
Lvを上げることが可能です!

Lvが上昇する毎に攻撃力・体力が
UPします!

(※回復多段ユニットはLv UPしないように注意!)

ユニットの覚醒

対応する覚醒の書を使用するか、
同じユニットを入手することで
覚醒することが可能です!

覚醒すると、Lv上限が5ずつUPします!
また、レア度と覚醒数に応じて、
ルーン装備枠が解放されます!

ユニットの進化

進化できるユニットの場合、☆2ならLv.40
☆3ならLv.50で進化が可能です!

通常のユニットはゴルドと進化素材
使って進化します。

しかし、一部ユニットはLvを上げて、
パーティに加え特定のクエストをクリアし、
一定の確率で進化する場合もあります。

進化するとパラメータとレア度が上昇し、
ユニストが追加されることも(*¯▽¯*  )

進化前も後も使えるユニットがいるので、
初GETの☆3ユニットは早めに進化させる
ことをオススメします!

ユニット育成の進め方

育成優先度の高いユニットから
Lv UP・覚醒を進めましょう!
(育成優先度の高いユニットが分からなければ、
もう一度前のページの内容を復習しましょう!)

ここで問題になるのが覚醒の書です。

ゴルドの入手方法は感覚的に分かりますが、
覚醒の書は入手経路が結構複雑です。

でも慣れれば簡単!以下のイメージです!

ゴルドメダル覚醒の書

ゴルドメダルメダル錬成のやり方
メダル覚醒の書メダル交換のやり方
分けてわかりやすく解説します(。`・д・)

メダル錬成のやり方

メダル錬成のやり方は5ステップ!

  1. 用意
  2. ユニットの同行
  3. ゴルドスカウト
  4. 進化
  5. メダル獲得

1つずつ解説します!

① 大量のゴルド・進化素材・時間を
用意しましょう。
   (1000万ゴルド毎に20~30分位はかかります……)

② ユニット名鑑から☆1~3を同行する。
   (まだユニット名鑑にユニットを入れていないなら
③までスキップしてOK!)

メニューから「ユニット名鑑」をタップ。

並び替えを行いましょう。

待機覚醒高い順に並べるのがオススメ。
(所持覚醒高い順でもOK!)

絞り込みを行います。

☆2をまとめて選択しましょう。

「同行」をタップして同行完了。

③ ゴルドスカウトを回す。
   (レア以上確定ゴルドスカウトでもOK。
   ただし効率は通常ゴルドスカウトの方が高いです!
    代わりにレアゴルドでは☆4ユニットを獲得できる
チャンスもあります。)

一番下にあるゴルドスカウトの
100連を回します。

④ 進化できるユニットが15覚醒したら
進化させましょう。

フル覚醒したユニットのアイコンをタップ。

「育成する」をタップ。

「進化」をタップ。

「レベルアップして進化させる」をタップ。

⑤ プレゼントBOXを確認して③に戻る

キチンと先程のいろは進化のボーナス
メダルが届いています!

この方法でメダルを大量にGET(º﹃º )

メダル交換のやり方

それではメダルを覚醒の書に交換しましょう!

メダル交換はとても簡単です( ´艸`)

以下の画像の通りに進めましょう!

まずはメニューからメダル交換所をタップ。

覚醒の書をタップ。

欲しいレア度の覚醒の書を選んで、
「交換する」をタップして交換は完了です!
(勝手に所持アイテムに送られます。)

オマケで使い方も解説しますね⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾

メニューの「所持アイテム」をタップ。

「使用する」をタップすると、
覚醒できるユニットが一覧表示されます!


メダルや覚醒の書はイベント報酬でも
手に入ることがあります。

しかし、量的に錬成・交換がメインです。

しっかり理解しておきましょう(。`・д・)

ルーンの育成

ルーンの育成は魔力値毎に4段階に分けられます!

  1. 魔力値27.000未満
  2. 魔力値27.001~30.000
  3. 魔力値30.001~33.000
  4. 魔力値33.001以上

さらに、以下の3つのポイントが重要です!

  1. 魔力値の端数に気を付ける!
  2. ボーナスを意識する!
  3. ルーンの集め方を知る!

それぞれの段階と3つのポイントについて
詳しく解説します!

魔力値27未満

固有属性の進化素材で強化が可能です。

特に考えることはありません。

魔力値27.001~30.000

他のルーンを合成することで強化が可能です。

強化素材として使うルーン魔力値27以上である
必要があります。

魔力値30.001~33.000

他のルーンを合成することで強化が可能です。

強化素材として使うルーン魔力値27以上である
必要があります。

さらに、魔力値27.001~30.000と比べて、
合成したルーンによる強化値が減少します。

強化用ルーンはこの魔力値の範囲内で
活用するのがオススメです!

魔力値33.001以上

超強化用ルーンでのみ強化が可能です。

超強化ルーンは入手経路が絵本のみと、
かなり限られています。

よく使うルーンから強化しましょう!

端数に気を付ける

ルーンの育成は4段階と解説しました。

つまり、次の段階に進むか?進まないか?
端数ギリギリでは効率が大きく変化
してしまう可能性があります。

実際、合成する順番が違うと同じ素材でも
以下のように合成結果に大きな差が……。

(順番が違うだけで0.300も差が出てしまいます!)

特に、魔力値30.000になる直前では
なるべく強化量の多い強化用ルーンや、
大きなルーンを使いましょう!

また、魔力値が33.000を超える時
末尾が.600や.500になるよう調整して
貴重な超強化用ルーンを節約しましょう!
(33.000に同じルーンの32.500を加えると33.600になります。
超強化用ルーン3個分なので覚えておくと後々差が付きますね!)

端数は重要ですが、
育成後期の内容なので
最初は流し見でOK

ボーナスを意識する

ルーンには固有の属性があります。

そして、ルーンの合成を行う際には、
属性に応じて強化量にボーナスが!

特定のルーンを早く育てたい!

という場合以外は基本的に同じルーンか、
同属性のルーンを強化素材にしましょう!

ちなみに、強化用ルーンは
全属性対応なので便利ですね(*¯▽¯*  )

特に超強化用ルーンは
属性ボーナスが重要です!
なるべく同属性に使いましょう!

ルーンの集め方

ルーンを強化するためにはルーンが必要。

つまり、ルーンを強化するためのルーンを
強化するためにはルーンが必要。

……は?????????

そうなるよね。

要するに、ルーンは数を集める必要がある
というわけですね。
(でも育成後半のことなので難しく考えなくて大丈夫です!)

しかし、無暗に集めて強化して……
では効率が悪いです。

そのためには集める場所を知ること、
そして良い素材を選ぶことが重要です!

それぞれ詳しく解説します!

ルーンの集め方

ルーンの入手方法は主に以下の3つ。

  1. イベントの報酬
  2. 裏クエスト達成率報酬
  3. クエストでのドロップ

他にもメダル交換やロトリーもありますが、
メダルはユニット育成用にしましょう。

そこで、上記3つの方法を詳しく解説します!


イベントの報酬

様々なイベントの報酬に
ルーンが設定されています!

特に絵本イベント多くの強化用ルーンが
入手可能です!
さらに、超強化用ルーンを入手可能な
唯一のイベントです!
(コラボイベント等を除く)

他にも、降臨レイドなどでも
強化用ルーンが入手可能です。
なるべく好成績を目指しましょう!


 

裏クエスト達成率報酬

通常クエストには、より難易度が高く、
制限なども厳しい裏クエストがあります。

裏クエの達成率を高めることで、
既に魔力値の高いルーンが入手可能です!

優先して狙うべきオススメステージは
以下の通りです。

  • イールス地方 ワイバーンの巣穴
    アタック29
  • エヴィフ地方 北東街道
    クイック29
  • サザナ地方 エストアの村
    エンデュア29
  • ゴドバ地方 ゴドバの森
    フィクセイト29
  • ロガト山地 ロガト山・入口
    アタック30
  • シュクル地方 イェール草原
    エンデュア30
  • シュクル地方 イェール村
    フィクセイト30
  • センオン山地 センオンの町・図書館
    クイック30
  • 霧降の遺跡 霧降の遺跡・広間
    フィクセイト31
  • 霧降の遺跡 霧降の遺跡・第1階層
    エンデュア31
  • 霧降の遺跡 霧降の遺跡・第2階層
    アタック31

特定のルーンを必ず入手できるという
メリットはとても大きいです!

制限などで難易度は高いですが、
ある程度育成が進んできたら
ぜひ挑戦してみましょう!

特に絶対に使うアタッククイック
パーティの要エンデュアフィクセイト
この辺りはおすすめのステージを参照し、
早めに狙ってみましょう!


クエストでのドロップ

最も一般的な方法ですね。

ただし、クエストによって入手可能な
ルーンは変化します。

基本的には、出現する敵シードの属性
同属性のルーンがドロップしやすいです!

また、難易度の高いクエストほど、
魔力値の高いルーンが入手しやすいです!
(最大で魔力値30.000まで。)

さらに、通常クエストやイベントクエスト
などと比べて、裏クエは魔力値の高い
ルーンが入手しやすい
です。

そして、ルーンを集めるために重要なのが
裏クエAP半減キャンペーンルーンハント

通称裏半ルンハンです!

裏半は裏クエストの消費APが半分になり、
普段より多く攻略できるように!

達成率を埋める意味でも、高速周回して
ルーンを集める意味でも重要です!

高速周回をするなら
霧降の遺跡 霧降の遺跡・広間 背負うもの
がオススメです!

こんな感じ↓

こんな速く回れなくても十分です!

裏半でルーンを集められると、
育成スピードが少し上がりますね。

しかし本当に重要なのはルンハンです!

ルーン育成に特化したイベントで、
特定のルーンのみが高確率でドロップする
最強のイベントです!

ルンハンのためだけに課金するのも
珍しい話ではありません。

開催予告があった際には、
貯められるだけダイヤを温存し、
なるべく速く周回できるパーティを組み、
自動周回が安定する端末を用意し、
進化素材を大量に準備
して臨みましょう!

裏半は4ヶ月に1回開催されていますが、
ルンハンの頻度はかなり少ないです。

1回で魔力値33のルーンを大量に作れる
大チャンスなので、絶対に逃さないように!

良い素材とは?

ルンハン最高!!!

 

ルーンが大量に手に入った!!
これ全部育てて合成するぞ!!

……と、思うかもしれませんが、
それだと進化素材不足になりかねません。

そこで、良い素材を厳選しましょう!

簡単に言うと良い素材とは
強化量が多いルーンです!

その条件は以下の3つ!

  1. 魔力値が高い
  2. 育成したいルーンと同じルーン、
    もしくは同じ属性のルーン
  3. 必要な進化素材の数と
    強化量の配分が良い

1は、そもそも進化素材で強化できる
最大値の27.500以上だったり……
最初から大きい方が良いという
単純なポイントですね。 笑

2は、先程のボーナスを意識するという
ポイントと同じ意味ですね!

ただ、3は少し難しいかもしれません。

しかし実はこれも、先ほどのポイント
端数を意識すると同じ意味なんです!

強化素材で育成できるのは27.500まで!
つまり、27.500近くまで育つよう
端数が.000/.500のルーンに近いほど
良い素材ということですね。


分かりやすい表をころんさんが
ツイートされていたので、
参考にしてみてください!

シードの育成

残念ながらシードは育成に限界があります

TKGを狙ってひたすら周回しましょう。

ギルド施設

ギルド施設の強化はギルドメンバー全員で
協力して行います。

ギルド毎に強化したい施設は違うので、
どこに入れたらいいか聞いてみましょう。

もし自由と言われてしまったとしても、
基本どこを育成しても損はないです。
その場合どこに入れてもOKです!

ぬけオススメは訓練所、食堂、貯水庫

育成に必要なギルド資材はクエスト報酬、
イベント報酬等で入手可能。

特にレイドで手に入る数が多いので、
ギルドに貢献したい方は頑張りましょう!


基礎知識も育成方法も理解したら
脱初心者と言って良いでしょう!
あとは実践あるのみです!

それでもイベント毎に最適なパーティを
組んだり、手持ちの育成計画を立てる
のは
まだまだ難しい
と思います……。

そもそもギルドに入らなければ、
参加できないイベントの方が多いです!

そこで、次の項目でギルドの入り方を学んで
自分に合うギルドや師匠を探しましょう!

いかがでしょうか?

 

ここまで理解できれば

メルスト完全に分かった
とか言えそうですねw

 

ここまで読めたあなたなら、
きっとすぐに良いギルドが
見つけられるはずです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました